当施設、検査機器紹介その③

ストレス状態・血管年齢のチェック

指先より自律神経の状態、血管年齢、疲労度等の状況を計測いたします。

  

①指尖容積脈波を測定し、末梢細動脈の血流動態を分析。
心拍出強度・血管弾性度・残血量等の血流状態を確認し、
血管老化度を測定します。

②心拍間の微細な変化を利用して、自律神経の活性度および
交感神経・副交感神経の均衡状態を分析し、ストレスへの
対処能力などストレス度合いを判定します。

ストレス点数&状態(疲労度)、交感&副交感神経の比率、
血液循環状態、血管年齢をチェックをできます。

特に自律神経の症状にお困りの方は一度、お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です